【やさしい にほんご】住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)等(とう)臨時特別給付金(りんじとくべつきゅうふきん)のお知(し)らせ

住民税(じゅうみんぜい)を払(はら)う必要(ひつよう)がない家庭(かてい)などに対(たい)する臨時特別給付金(りんじとくべつきゅうふきん)ひとつの家庭(かてい)10万円(まんえん)について

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の影響(えいきょう)で、くらしに困(こま)っている人(ひと)を助(たす)けるため、住民税(じゅうみんぜい)を払(はら)う必要(ひつよう)のない家庭(かてい)などは、お金(かね)をもらうことができます。

もらうことができるお金(かね)

ひとつの家庭(かてい)に10万円(まんえん)もらうことができます。

お金(かね)をもらうことができる家庭(かてい)
(1)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)

【収入(しゅうにゅう)が少(すく)なく、住民税(じゅうみんぜい)を払(はら)う必要(ひつよう)がない家庭(かてい)】

2021年度(ねんど)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)

2021年(ねん)12月(がつ)10日(にち)時点(じてん)で、大阪市(おおさかし)に住民登録(じゅうみんとうろく)があり、家庭(かてい)の全員(ぜんいん)が、2021年度分(ねんどぶん)の税金(ぜいきん)を払(はら)う必要(ひつよう)がない家庭(かてい)です。

2022年度(ねんど)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)*2022年(ねん)6月(がつ)1日(にち)から新(あたら)しく追加(ついか)されました

下(した)に書(か)いてあることが、全(すべ)て当(あ)てはまる家庭(かてい)

  • 2021年(ねん)12月(がつ)10日(にち)時点(じてん)で、いずれかの自治体(じちたい)に住民票(じゅうみんひょう)があり、2022年(ねん)6月(がつ)1日(にち)時点(じてん)で、大阪市(おおさかし)に住民票(じゅうみんひょう)にがある家庭(かてい)
  • 家庭(かてい)全員(ぜんいん)が、2022年度分(ねんどぶん)の税金(ぜいきん)を払(はら)う必要(ひつよう)がない家庭(かてい)
(2)家計(かけい)急変(きゅうへん)世帯(せたい)*2022年(ねん)6月(がつ)1日(にち)から2021年(ねん)の収入(しゅうにゅう)を書(か)いて申(もう)し込(こ)むことは、できません。

【収入(しゅうにゅう)が急(きゅう)に少(すく)なくなった家庭(かてい)】

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の影響(えいきょう)で、2022年(ねん)1月(がつ)1日(にち)から後(あと)の、
収入(しゅうにゅう)がとても少(すく)なくなってしまい、税金(ぜいきん)を払(はら)う必要(ひつよう)がない家庭(かてい)と同(おな)じになった家庭(かてい)です。

お金(かね)をもらう手続(てつづ)き
(1)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)

2021年度(ねんど)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)

【書類(しょるい)の送付(そうふ)は、終了(しゅうりょう)しています】

  • 順番(じゅんばん)に書類(しょるい)を送(おく)っています。
  • 書類(しょるい)が届(とど)いたら必要(ひつよう)なことを書(か)いてください。
  • 書類(しょるい)を封筒(ふうとう)に入(い)れて返(かえ)してください。

返送(へんそう)期限(きげん)

書類(しょるい)に書(か)いてある、返送期日(へんそうきじつ)までです。

書類(しょるい)が届(とど)かない家庭(かてい)は申請書(しんせいしょ)を申(もう)し込(こ)みしてください。

① 区役所(くやくしょ)の給付金(きゅうふきん)窓口(まどぐち)でもらうことができます。

このホームページ(ほーむぺーじ)から申(もう)し込(こ)みをして、送(おく)ってもらうこともできます。

書類(しょるい)の書(か)き方(かた)はこちら

2022年度(ねんど)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)*2022年(ねん)6月(がつ)1日(にち)から新(あたら)しく追加(ついか)されました

  • お金(かね)をもらうことができる家庭(かてい)に書類(しょるい)を送(おく)ります。
    *2022年(ねん)7月(がつ)上旬(じょうじゅん)ごろから送(おく)る予定(よてい)です。
  • 書類(しょるい)が届(とど)いたら必要(ひつよう)なことを書(か)いてください。
  • 書類(しょるい)を封筒(ふうとう)に入(い)れて返(かえ)してください。

返送(へんそう)期限(きげん)

書類(しょるい)に書(か)いている、返送期日(へんそうきじつ)までです。

書類(しょるい)が届(とど)かない家庭(かてい)は申請書(しんせいしょ)を申(もう)し込(こ)みしてください。

① 区役所(くやくしょ)の給付金(きゅうふきん)窓口(まどぐち)でもらうことができます。

このホームページ(ほーむぺーじ)から申(もう)し込(こ)みをして、送(おく)ってもらうこともできます。

書類(しょるい)の書(か)き方(かた)はこちら

(2)家計(かけい)急変(きゅうへん)世帯(せたい)
  • 申請書(しんせいしょ)と申立書(もうしたてしょ)を書(か)いてください。
  • 一緒(いっしょ)につける書類(しょるい)を用意(ようい)してください。
    1. 収入(しゅうにゅう)が少(すく)なくなったことがわかる書類(しょるい)
    2. 在留(ざいりゅう)カード(かーど)やパスポート(ぱすぽーと)など本人(ほんにん)がわかる書類(しょるい)
    3. 通帳(つうちょう)や銀行(ぎんごう)カード(かーど)などのお金(かね)を振(ふ)り込(こ)む口座(こうざ)番号(ばんごう)がわかる書類(しょるい)
  • 書類(しょるい)を全部(ぜんぶ)封筒(ふうとう)に入(い)れて、出(だ)してください。
  • 申請書(しんせいしょ)と申立書(もうしたてしょ)は、区役所(くやくしょ)の給付金(きゅうふきん)窓口(まどぐち)で、もらうことができます。
  • このホームページ(ほーむぺーじ)から申(もう)し込(こ)みをして、送(おく)ってもらうことができます。
申請(しんせい)期限(きげん)

2022年(ねん)9月(がつ)30日(にち)までです。

書類(しょるい)の書(か)き方(かた)はこちら

わからないことを聞(き)くところ

給付金(きゅうふきん)について聞(き)きたいことがある人(ひと)は、下(した)に書(か)いてある連絡先(れんらくさき)に電話(でんわ)してください。

日本語以外(にほんごいがい)の、ことばで電話相談(でんわそうだん)できます。

大阪市(おおさかし) 住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい)等(とう)臨時(りんじ)特別(とくべつ)給付(きゅうふ)金(きん)コールセンター(こーるせんたー)

電話番号(でんわばんごう)

0120-923-771 ※通話(つうわ)にお金(かね)はかかりません。
はじめに案内(あんない)が聞(き)こえます。
ダイヤル(だいやる)番号(ばんごう)「1」を押(お)してください。

受付(うけつけ)時間(じかん)
  • 平日(へいじつ)の月曜日(げつようび)から金曜日(きんようび)は、9時(じ)から20時(じ)までです。
  • 土曜日(どようび)・日曜日(にちようび)・祝日(しゅくじつ)は、休(やす)みです。